人と街をつなぐ

家を楽しむ

地震対策5

家のお手入れは、何か事が起きてからいつかやろうでできますが、

 

地震はそんなことは言ってられませんよね?

 

 

 

今回は地震の対策についてです。

 

タンスや冷蔵庫の突っ張り棒やL型金物での固定、テレビなどの置物の下に敷くマットなどはよく言われています。

 

もっとお手軽に対策をしたいという方は、

 

タンスと天井の間に段ボールを置いたり(天井とタンスの間は2センチ以内)、本棚などの棚であれば、重いものを下に置いて重心を下げてあげることで

 

倒れにくくなります。

 

 

家具の固定以外では

 

カーテンを選ぶときは難燃性のものがよいです。

 

カーテンに火が付くと壁や天井に燃え移り、非難の妨げとなります。

 

カーテンへの転嫁を防ぐためにも難燃性のカーテンがおすすめです。

 

また、避難経路で火災が起きていたら、このカーテンを被って逃げることで

 

自分自身の身体を守ることもできます。

 

 

備蓄品として、近年増えているウォーターサーバーがあります。

 

本体の場所を取りますが、ペットボトルの水を備蓄すると考えれば使い勝手がいいですよね

 

期限を気にしなくてもよく、普段から飲料水として使うこともできます。

 

いつ起こるかわからない地震対策。

 

面倒くさいと思わず、家・自分自身のためにも

 

今から出来ることをしてみてください。

「家を楽しむ」のカテゴリ

  • インテリアコーディネート
  • 住まいのお手入れ
  • 暮らし方提案
  • 家の中で楽しむもの

tel 0561-51-3010

PAGETOP