人と街をつなぐ

家を楽しむ

310261-WID

暦上ではすでに秋ですが、今年の夏は記録的な酷暑となっており

9月に入ってもまだ暑さは続きます。

さらに9月に入りますと本格的な台風シーズンがやってきます。

 

現在も台風21号が日本列島に向かっており、

猛烈な強さに勢力が拡大して今シーズン1番の勢力になるといわれています。

来週はこの台風の動きに注意してください!

 

310261-WID

 

 

台風が来る前にお家の確認・備えを行いましょう!

台風で最も気を付けたいのは強風です。

強風によって建物にかかる横からの力や、下から吹き上げるような力に対して、

特に古い家では構造上・施工上で備えが十分とはいえない場合があります。

大型の台風が接近する前に屋根瓦のずれなどがないか、窓ガラスで割れる心配のあるところはないか、

庭木が倒れたり庭の物が飛んで窓や壁を損傷する可能性はないかチェックしておきましょう。

 

プリント

 

 

風や雨が建物の中に入らないように注意しましょう!

一部に大きな開口部が集中しているような家は横風に弱く、また、軒が深い家は屋根を飛ばされる心配があります。

さらに、窓などが破れて強風がいったん家の中に入り込むと、

屋根が内部から突き上げられるようになり、被害を大きくする可能性がありますのでくれぐれも、

ガラスや壁が破損しないように気を付けましょう。

 

また、外壁に細かい亀裂があったりコーキングに欠けたところがあったりすると

雨が横から吹き付けた時に雨水が壁の中に入ることがありますので取り急ぎ応急措置をしておきましょう。

ホームセンターなどで「コーキング材」を購入し、あらかじめ埃や汚れをきれいに落としたうえで、

ひびの部分にコーキング材を埋め込みます。簡単な作業で誰でもできます。

 

img1_6

 

 

外壁と同様、屋根も定期的な葺き直しが必要です!

屋根は住まいの外壁と同様、いやそれ以上に過酷な環境で住まいを守り続けています。

高温で焼いた瓦は材質そのものは非常に強く数十年でももちますがずれたり割れたりする可能性があります。

またよく使われる、いわゆる「カラーベスト」は材料そのものの対候性が低く退色も早いので再塗装や葺き替えが必要です。

ガルバリウム鋼板も「カラーベスト」より耐候性がありますが、やはり同様のメンテナンスが必要です。

 

 

台風が来てからの作業は危なく、大変危険ですので

常日頃から備えを定期的に行いましょう!

 

「家を楽しむ」のカテゴリ

  • インテリアコーディネート
  • 住まいのお手入れ
  • 暮らし方提案
  • 家の中で楽しむもの

tel 0561-51-3010

PAGETOP